PCケースはバランスが大事

ゲーミングデスクトップパソコンはサイズが大きく、購入時には置き場所に困ることもあります。その中でもBTOデスクトップパソコンの最上位のモデルは一番大きいパソコンケースを採用しており、初めて購入するユーザーにはそのサイズに驚く方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はゲーミングデスクトップパソコンが大きい理由とそのメリットについてご紹介します。

ゲーミングデスクトップパソコンは大中小の3つから選ぶ

小さいタイプはバリエーションが豊かですがグラフィックボードは搭載が難しく、搭載できてもコンパクトで低性能なものしか搭載できないためゲーミング用途ではほとんど採用されません。したがってゲーミングパソコンのサイズ選びは中型のミドルタワーか大型のフルタワーのどちらにするかという点に絞られます。

小型なパソコンケース

キューブ・スリムタワー・ミニタワーなど種類は多いもの拡張性がとぼしくグラフィックボードのサイズが限定されます。主にロープロファイルと呼ばれる通常よりも細く小さいグラフィックボードが採用されますが、キューブタイプにはショート基板と呼ばれるコンパクト設計のグラフィックボードが採用されます。どちらもグラフィックボードとしては製品数が少なく性能を犠牲にして小さくしているためゲームには向いていません。また電源ユニットや特殊な製品でパーツ交換がきかなかったり配線に余裕がなかったりとユーザーには不利益な要素が多く注意が必要です。小型のゲーミングデスクトップパソコンを販売しているBTOメーカーは限られていて、人気なのはドスパラのガレリアスリムシリーズです。

中型のミドルタワー

空冷パソコンで主に採用されるサイズで、ミドルタワーがメインのBTOメーカーもあります。ミドルタワーでも水冷にすることはできますが、パソコンケース内の余裕がほとんどなくなり他のパーツとも干渉しやすく必ず搭載できるというわけではありません。ミニタワークラスのサイズになると通常サイズのグラフィックボードを搭載可能で拡張性で困ることもほぼありません。しかし拡張してあらゆるパーツを組み込むとパソコンケース内の排熱に余裕がなくなる場合もあり、どこまで拡張するか慎重に判断するべきです。

大型のフルタワー

十分な拡張性と大きさから自由度が高く、長く付き合えるため自作パソコンユーザーやヘビーユーザーによく選ばれるサイズです。その大きさから水冷化してもパーツとの干渉がなく、ミドルタワーでは搭載できない大型のハイスペックグラフィックボードや大型ラジエーターを採用した簡易水冷を搭載可能です。しかし修理の際に移動させることは困難で、BTOで選ぶといざという時にメーカーへ発送や店舗持ち込みの際に苦労します。オンサイトの修理保証が選べるBTOメーカーなら加入することで修理の際は自宅で修理をおこなってくれるため、このサイズを選ぶ際はオンサイトサービスがあるかチェックしましょう。

決め手は拡張性と冷却性能・静音性能のバランス

主流のミドルタワーは価格も手頃で扱いやすそうに見えますが、簡易水冷やHDDを複数搭載すると接続コードがケース内で入り乱れ、メンテナンス性が落ちてしまいます。さらにパソコンケース内の空間が狭くなり排熱が溜まり易くなる点にも注意しなければなりません。排熱が溜まるとパソコン全体の冷却性能が下がるためケースファンの増設やファンのスペックアップが必要ですが、静音性が損なわれるためミドルタワーは最終的にどこまで拡張するか見極めが大切です。
一方フルタワーは空間が大きいため排熱が溜まりにくく、ミドルタワーでは搭載できない大型のケースファンや静音性能を上げるパーツを追加しやすい特徴があります。騒音の元であるケースファンは大きいほど風圧が強く低回転でも十分な性能を発揮し騒音を抑えられるため、静音化を目指す上でどれだけ大きいファンを搭載できるかが要となります。ゲーミングPCの静音化や冷却についてはゲーミングPC辞典というサイトが詳しいです。さらに上部に溜まりやすい排熱をパソコンケースの天板から逃がせる煙突構造タイプのフルタワーなら排気ファンを最小限にすることで更なる静音化が期待できます。

まとめ

基本構成のゲーミングパソコンならミドルタワーでも十分な性能を活かせますが、購入後に拡張をする際は悩むことになります。フルタワーなら心配せずにユーザーが構成し直すことが容易な反面、その大きさは万人受けしないことも事実です。どちらも一長一短がありますが、ユーザーの使い方によって最適なサイズは変わりますので、将来的に拡張するかしないかを決めてからサイズを選ぶと長く付き合えるパソコンになるのではないでしょうか。